【動画あり】アトピーのための化粧品や対策方法。ステロイド皮膚炎、脱ステロイドにも アトピー化粧品.jp
最終更新日

アトピーの乾燥(ガサガサ) 4〜6ヶ月目くらい


強烈な乾燥期である強い乾燥アトピーが治まってくると、今度は普通の乾燥アトピー期がやってきます。
「普通の」といっても健康な人からみると、とんでもないレベルの乾燥です。
じゅくじゅく期と強い乾燥期を乗り越えると、体の痛みはだいぶ楽になってきます。
「だいぶ楽」といっても健康な人と比べると、まだまだ生き地獄です。
…アトピー患者は健康な皮膚が妬ましいあまり、こうやって心がすさんできます…。

汁が止まり、動くと痛い強い乾燥時期を乗り越えると、
「こうやって変化があるってことは前進してる証拠なのかな?」と思えてきます。

特にガサガサアトピーは死んだ皮がボロボロ剥けてきて、その後にはピカピカ光るきれいな皮膚が生まれてたりするので、テンションは一気に急上昇です!

アトピー 皮剥け

この皮剥けはサラヴィオの改善サイクルと呼ばれるもののひとつで、皮が剥けたあとは赤くなり、その後乾燥してきてまた皮が剥ける、これを繰り返すことをいうそうです。
      赤み ⇒ 乾燥 ⇒皮剥け  の繰り返し

はじめはこの改善サイクルがわからなかったし、落屑(ラクセツ)と皮剥けの違いすらわからなかったのですが、時期が経つにつれ、この「赤み⇒乾燥⇒皮剥け」のリズムがわかるようになってきたのです。

皮剥けは、ポロポロと米粒大の皮が自然と落ちてくるかんじでした。
網の目になって皮剥けが起きるので、私は気持ち悪くて爪でゴソゴソと落としてました。
原理は日焼けした後の皮剥けと同じだそうです。

アトピーの落屑(ラクセツ) 

アトピー症状のひとつに落屑(ラクセツ)というのがあります。
アトピーの皮膚というのは、角質が出来上がる前に乾燥して剥がれてしまいます。
その乾燥して剥がれてしまうのを落屑といいます。
落屑は、掻くとバリバリボロボロと落ちて、爪の中も不潔になりますし、身の回りも落屑だらけで不潔になります。私はいつもコロコロをかけていました。黒い服なんてとてもじゃないけど着れません。
アトピー 落屑しかけてる乾燥状態
落屑は強い乾燥時期から乾燥時期に一番多く見られ、皮剥けと落屑は一見見分けがつきずらいです。

この時期になると保護剤であるオイルは毎日使わなくてもよくなっていきました。
オイルを塗ったらかえって赤くなって痒くなるかんじさえあり、極力塗らずに過ごしていたほどです。
薬も同じように、塗らなくても寝れる日がでてきました。

アトピーの乾燥時期使っていた化粧品や対策

サラヴィオ美容液サラヴィオ美容液  
顔には最低でも1日2回のパック、体にはシャワー上りに全身へスプレー、痒い時は昼夜を問わずスプレーしてました。

痒み止めの薬
つけなくても寝れる日がでてきて、なるべくつけないように心掛けてました。

保護剤のオイル
体には馬油やスクワラン、顔にはオリーブオイルをつけてましたが、かえって赤みや痒みが出るような気がしてなるべくつけないように心掛けてました。

無添加生活を心掛ける
バランスよく、無添加・無農薬食品を食べてました。

サプリメント摂取
ヘルスモレ(旧:仙人からの贈りもの)←残念ながら生産中止、コラーゲン入りの青汁

水分摂取
浄水器の水を飲む、ルイボスティを飲む

.

この頃も入浴ではなくシャワーでした。
体を洗うと皮が垢のように剥けてきて、何故か快感でした。
体より、顔のほうが改善サイクルが早かったです。




.