【動画あり】アトピーのための化粧品や対策方法。ステロイド皮膚炎、脱ステロイドにも アトピー化粧品.jp
最終更新日

アトピーのじゅくじゅく期(滲出液) 発症〜2ヶ月目くらい


アトピーの発症部位は目頭でした。
その時はまだアトピーの再発だとは思わなくて「ばい菌でも入ったかな」くらいの軽い気持ちだったんですが、1週間を経過したあたりからまぶたが真っ赤になって腫れあがりました。
そして爪をたてたくなるような痒み。
「 これは間違いなくアトピーの痒みだ」と確信して、それからアトピーの闘いが始まったんです。

10年前に完治したはずのアトピーがなんでまた出てきたのか?
考える間もなくものすごい速さでアトピーは広がっていきました。
顔はおでことフェイスライン、体はブラジャーのラインに始まりお腹、背中、首、太もも、お尻、ほとんど全身がアトピーで覆われました。

アトピーじゅくじゅく画像 腹部アトピーじゅくじゅく画像 太もも

じゅくじゅくは、滲出液(しんしゅつえき)という分泌液がでるためです。
「汁」や「リンパ液」という言い方をする人もいますが、正確には滲出液です。
滲出液は傷を治すために出ているもので、気持ちは悪いですが、体の反応としては正常なもので、アトピーの炎症を、体が一生懸命治そうとしている証拠です。

ですから、滲出液をステロイド等で止めるというのは、体本来の機能に反する行為で、それが度重なると、ステロイドの離脱作用が強く出たり、ステロイド皮膚炎等を患ってしまう二重苦となります。
出る滲出液はどんどん出しておきましょう。

ちなみに、滲出液は透明ですが、ステロイド皮膚炎やステロイドの離脱作用が強い場合は、滲出液は黄色みがかっています。これが何を意味するのかは不明です。

アトピーじゅくじゅく画像 腰周りアトピーじゅくじゅく画像 まぶた

発症する前まではアベンヌ化粧水を使っていたんですが、アトピーを発症してからは全く浸透しなくなりました。
何かないか、何かないか、アトピーでも使える化粧品をネットサーフィンをしてて見つけたのがサラヴィオ美容液 です。
あれこれ使って余計に悪くなるのがおちかな、と疑心暗鬼でしたが、無添加のものを探していたので物は試しに注文し、以来ずっと使い続けています。
体にはサラヴィオをスプレーし、顔にはパックをします。
顔へのパックは毎日、1日2回、多いときは3回です。
1回のパック時間は20〜30分。


病院に行ってもステロイドを出されるだけだとわかっていたので病院へは行かず、なんとか薬以外で治す方法を探しました。
一時期、強酸性水を試したことがありましたが、ちっとも治る気配が感じられず(もっとも1週間くらいしか試さなかったのでなんとも評価できませんが)、痒みも赤みも何も変化がなく、止めました。
その点サラヴィオは、パックをすると赤みや痒みが引いたりしたので、何らかの可能性を見出せていました。
感覚的にはサラヴィオはアトピー化粧品というより、私には「薬」という感覚でした。


アトピーの化学療法(ステロイド、シクロスポリン)

アトピーが発症して1ヶ月くらい経ったとき、目の周りが今まで以上に腫れあがり、とても会社にはいけない状態になりました。
あちこちからがでて、バリバリにひび割れました。
体も、背中やお腹や太もものあちこちから汁がでて、 ステロイドやプロトピックの薬歴はないのに脱ステに近い状態だな、と他人事のように思いました。
こうなってはもういらない意地は捨て、病院へ行きました。
アトピーじゅくじゅく画像 顔アトピーじゅくじゅく画像 顔

何回か通院し、血液検査もし、出た結果は

「膠原病の可能性はゼロ」

「IgEは128で平常」

「白血球と血小板の数値が異常に高いのは体じゅうの炎症のせい」 
 この三つ。

それで??? 

ようは原因不明の湿疹です。これがアトピー性皮膚炎たるものなんだろうか。。。
それでも私のような患者を何人も治した経験がある膠原病やアレルギーの専門医だったので、信じて化学療法に従いました。
処方されていた薬剤、期間は下記の通りです。

▼ステロイド注射によるパルス療法+免疫抑制剤の服用
・ステロイド注射 (3回)
・シクロスポリンカプセル (200mg/1day) ※免疫抑制剤の内服
・プレドニン (5mg/1day) ※ステロイドの内服

この治療(半ば薬の変更はあった)を計47日間続けてました。

ステロイド注射は恐ろしく効果があり、注射をした翌日にはアトピーが全部枯れていっせいに脱皮です。一皮剥けてきれいにはなりますが、数日たつとまたアトピーは出てきます。
ステロイドの内服に至っては、全く効果は感じられず。
シクロスポリンも同様、服用してるからといってアトピーが抑制されていたわけではなく、暇なくアトピーは出ていました。
やっぱり薬では治らないと確信した瞬間でもありました。

薬をやめてどんな恐ろしい副作用があるだろうと思っていたら、ドカンときました。
アトピーは肝臓や腎臓がちゃんと機能できてないのでデトックスが下手、という体質がひとつの原因と考えられるところへ、これだけの薬です。
浄化できる体ではありませんから、これだけ皮膚にでるんでしょうか。。。

アトピー ステロイドとシクロスポリンのデトックス

アトピーのじゅくじゅく期に使っていた化粧品や対策

サラヴィオ美容液サラヴィオ美容液  
顔には最低でも1日2回のパック、体にはシャワー上りに全身へスプレー、痒い時は昼夜を問わずスプレーしてました。

無添加生活を心掛ける
特に食べ物を大きく改善しました。野菜中心にバランスよく無添加のものを食べるようにしました。着る物も綿100%のものにしました。洗濯洗剤や石鹸ももちろん無添加に変えました。

サプリメント摂取
ミキプルーン、
1ヶ月目くらいからヘルスモレ(旧:仙人からの贈りもの)←残念ながら生産中止

水分摂取
浄水器の水を飲む、ルイボスティを飲む

.

化粧品という化粧品はサラヴィオ以外なにも使ってません。
ファンデーションも口紅もつけるのが怖くて、最も、つけたくてもつけれないというのが現状でしたが。。。
この頃は汁まみれでお風呂にはとてもじゃないけど入れません、もっぱらシャワーでした。熱いシャワーをアトピーにかけるととても気持ちよかったのを覚えています。
何をやっても効果を感じず、前進はおろか、後進ばかりでまさに地獄の日々でした。
それでも仕事に行ってた自分を褒めたいです。





.